ケールの青汁

青汁の比較ランキング

ケールの青汁は、アブラナ科の植物ケールをすりつぶして作った青汁です。

青汁TOP > ケール

ケールの青汁とは

ケール

一般的に、青野菜は栄養が豊富と言われていますが、ケールその中でも飛び抜けた栄養価を持っており、青汁の代表的な原材料として広く採用されています。

ケールは、ヨーロッパなどでは生食にも調理にもよく利用される一般的な野菜ですが、日本では食材として用いられることはあまりないため、入手も困難です。

そのため、ケールの青汁は、日本でケールの栄養分を摂るには最適な商品となっています。

ケールの青汁の栄養価

ケールの青汁には、たんぱく質・脂質・糖質といった三大栄養素のほか、ビタミンやミネラルが豊富に含まれています。

同類のキャベツと比べてみると、その栄養価の高さは一目瞭然です。

  ケール キャベツ
たんぱく質 3.9g 1.4g
脂質 0.6g 0.1g
糖質 7.2g 4.9g
カルシウム 225mg 43mg
リン 67mg 27mg
ビタミンA効力 3300IU 10IU
ビタミンB1 0.15mg 0.05mg
ビタミンB2 0.325mg 0.05mg
ビタミンC 125.5mg 44mg

また、ケールには食物繊維や葉緑素が豊富に含まれています。

ケールの青汁の効果

ケールの青汁では、ビタミンやミネラルが生体機能を向上させるほか、食物繊維が便の量や柔らかさを調整し、便秘を解消してくれます。

また、イソチオシアネートと呼ばれるアブラナ科の野菜特有の成分が、血栓をできにくくし、高血圧や動脈硬化を予防します。

さらに、ケールの持つ抗酸化作用が、コレステロール値の上昇を抑え、心筋梗塞や脳梗塞などの発症リスクを減少させます。

ケールの青汁は苦い?

日本でケールが食材として利用されない理由は、独特の苦みがあるためです。

同類のキャベツに比べると味にクセがあるので、生食はもとより、調理食材としても好まれません。

そのケールを生のまますりつぶした青汁は『苦い』『マズイ』というイメージが強く、青汁を敬遠する要因のひとつとなっていました。

しかし、現在はケールの栄養価を保ちながら、味をまろやかにするさまざまな工夫が施されています。ケールの青汁はまずいから・・・と敬遠してきた人も、飲みやすく改良されたケールの青汁を一度試してみてはいかがでしょうか。

ケールの青汁ランキング

以下に、ケールを原料とした青汁の人気商品をランキングから紹介いたします。飲みやすさでいけばキューサイ、栄養価でいけば自然食研がおすすめです。

ランキング1位
ダイレクトテレショップの青汁三昧¥6,000
青汁三昧
体験レビューあり

ダイレクトテレショップの青汁三昧は、2億杯という圧倒的な売上を記録している大人気の青汁です。青野菜の中でも特に栄養価の高いゴーヤ、ケール、大麦若葉の三大野菜をたっぷり含み、1種類の青汁よりもはるかに高い栄養価を実現しています。

詳細   公式サイト
ランキング2位
キューサイのはちみつ青汁¥3,800
キューサイのはちみつ青汁
体験レビューあり

キューサイのはちみつ青汁は、山田養蜂場のはちみつがブレンドされた究極の美味しい青汁です。1杯の青汁で生野菜70g相当が補える栄養価に加え、はちみつのほどよく甘い口当たりに定評があり、お子さんからお年寄りまで幅広い人気を誇っています。

詳細   公式サイト
ランキング3位
自然食研の健願青汁¥3,990
自然食研の健願青汁
体験レビューあり

5年かけて作り上げた土壌で育ったケールの外葉だけを凝縮した本格派の青汁です。外葉は他の部位に比べて栄養価が高く、最も純度の高い部分。たった1杯でセロリ1.5本分の食物繊維、牛乳1本分のカルシウム、トマト4個分のビタミンA、ピーマン6個分のビタミンEを摂取できます。1杯67円という安さも魅力です。

詳細   公式サイト
 

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 青汁.biz All Rights Reserved.